ダンスユニット・かえるP

かえるPの仕事

水辺のダンスショーケース「Chap-chap」by SOON

2020年9月18日 (金) ~ 9月19日 (土)

at 多摩川河川敷 兵庫島公園

水辺でダンスと出会おう!

水辺があれば、人が集い、表現の場がつくられる。
水辺は憩いの場であり、文化が薫る空間であり、人と自然の共存の象徴として、
そこに集う人の想像力を刺激してきました。
この場に、コンテンポラリーダンスのアーティストを掛け合わせたら、
どのような時間が生まれるのか?
街や場、そこに集う人にどのような作用が起こるのだろうか?
劇場空間でダンスを上演すること・鑑賞することのハードルが上がっている今だからこそ、
新たなダンスの形式を考えるチャンスだと捉えています。
ダンスの場をつくること、表現の可能性を押し広げること、
そしてアーティストと街がダイレクトにつながり、交流できる場づくりを目的として、
コンテンポラリーダンスのマルチチーム「SooN」が、
「Chap-chap」という企画を始動します。
このタイトルは、水辺でちゃぷちゃぷと遊ぶように気軽にダンスが踊られ、
ダンスと出会える場づくりを目指して名付けました。
また、水辺の空間に、舞台と客席という境を引いてみるという思いのもと、
「Chapter=章、区切り」の頭文字という意味も持っています。
アーティストとまちと人々が出会うしるべとなり、
今後のダンスの新しい様式の始まりとなることを目指します。

第一弾となる今回は、多摩川河川敷・二子玉川兵庫島公園で開催される、
医療従事者への感謝を込めた河川敷ライトアップイベント
「TAMAGAWA BREW in Futako Tamagawa Light It Blue Park」
内のメインプログラムとして、
複数のアーティストによるダンス・ショーケースを上演いたします。
どうぞご期待ください!

参加アーティスト

かえるP 山猫団 このめ 全身タイツ隊 すこやかクラブ 奥山ばらば

スタッフ

 舞台監督:陽茂弥
 照明:中山奈美
 音響:中村光彩

プロデューサー・ディレクター:大園康司
制作:目澤芙裕子 松波春奈 金井美希 
ロゴデザイン:小山晶嗣
デザイン・アートディレクション:ムラハタワークス 
企画・運営:SooN

共催:TAMAGAWA BREW in Futako Tamagawa Light It Blue Park